キスラーフォースプレート
Kistler ForcePlate
世界の研究機関が使用する確かな信頼性

主な利用分野 スポーツ・バイオメカニクスリハビリ工学

Kistler ForcePlate(キスラー社製フォースプレート)は力の検出に水晶のピエゾ効果を利用した唯一の製品です。

そのシンプルな構造から生まれる特長として、5年間の無償保証の確立、センサ感度の不変性(再較正不要を意味します)、半永久的な製品寿命、社内にスイス較正基準局登録施設を持つ厳密な較正、高い周波数応答、大きな力から小さい力までの驚異的な分解能等が挙げられます。他の追随を許さない圧倒的優位性を保持し、国際的な評価を得ています。

システム構成例

- System Example -

システムラインナップ

- System Lineup -

>

小型床反力計測システム

大きさ

600×400×100mm

重量

16Kg

内容

小型フォースプレートの信号をAD変換してパソコンで解析する1セット分の標準的な構成です。バイオメカニクスの専門家の声を反映させて開発した、弊社製解析ソフトウェアで構築してあります。チャージアンプはバイオメカニクス用途の4レンジのもので、レンジ切り替えや操作もパソコン上で行います。アンプの出力は8chですが、AD変換ユニットは16chであるため、残りの8chに他のアナログ信号を同時に取込むことができます。

>

中型床反力計測システム

大きさ

900×600×100mm

重量

25Kg

内容

キスラー社では用途に応じて大・中・小型のフォースプレートをラインナップしており、本システムは中型2台で構成したものです。ダイナミックな運動計測で確実に着地を捉えるには、ある程度大きな面積のフォースプレートが必要とされ、最近ではこのサイズが標準的になりつつあります。弊社製データ取込・床反力解析プログラム(TRIAS)により、画像の同期取込みが可能になりました。

>

大型床反力計測システム

生産終了

大きさ

1200×600×100mm

重量

30Kg

内容

生産終了しました。

※大型フォースプレートはアンプ内蔵型のみの取扱いになります。

>

キスラー可搬型床反力計測システム

大きさ

600×400×35mm

重量

約18kg

内容

一般的にフォースプレートは床に堅固に固定して使用しますが、ここに紹介するものは、床に固定する必要がない可搬型です。ダイナミックな計測には不向きですが、歩行分析や人間工学分野等の比較的静的な計測に最適です。周囲にはプラットフォーム(オプション)を設置します。

>

キスラー防水型フォースプレート計測システム

大きさ

400×600×100mm

重量

約40kg(※平滑アルミニウム上板搭載)

内容

プール壁や底あるいは飛び込み台に設置して、水場での反力を測定できる防水型フォースプレートです。専用ケーブルを使用することで、保護等級はIP68(6は器体への耐塵性を、8は防水性を表す)を達成でき、防錆対策もとられていますが、水中に常設しておくことはできません。従って計測が終わり次第に引き上げて、乾燥させておく必要があります。

>

キスラー水泳競技用スタート・ターン計測システム

水泳競技のスタート・ターン動作時の「力」を定量化できます。
このシステムは、スターティングブロック型とターンプレート型の2つのフォースプレートシステムから形成されています。これらのプレートの4隅にはX,Y,Z軸の3方向計測できる力センサが埋め込まれています。それぞれを単体で設置・使用することも可能です。
スターティングブロック型は、競技用のスタート台と同形状にしたアルミフレームに、水晶圧電式の小型フォースプレートが2台埋め込まれており、前足・後足それぞれの反力を計測できます。1つのプレートから8chずつ 計16chのアナログデータが出力可能です。更に、背泳競技用ハンドル(グリップ部分)は、鉛直・前後の2方向の力を計測できます。
ターンプレート型は、壁面に取り付けたプレートで、ターン時のキックを計測できます。8chのアナログデータが出力可能です。
表面はカーボン製で、水抜き用の穴が施されています。保護等級はIP68(6は器体への耐塵性を、8は防水性を表す)です。

>

多ch AD変換セット

同時に32ch(キスラープレート4台分)、80ch(同10台分)、160ch(同20台分)の信号を取り込むことのできるAD変換ユニットです。弊社製の総てのAD変換ユニットは、オプション機器を併用することにより、完全同期した映像を取り込みながらAD変換を行うことができます。また、取込時のリアルタイムモニタ機能、6分力演算機能を装備しています。
32chと80chのAD変換ユニットはUSBケーブル1本で、160chはUSBケーブル2本でパソコンに接続します。CC付きとはプログラムからチャージアンプの制御が可能なタイプです。データ取込・床反力解析プログラムはチャンネル数に関係なく共通です。

>

キスラーアンプ内蔵型フォースプレート

8chチャージアンプを内蔵したフォースプレートです。
各サイズ・重量は内蔵していない物とほぼ同等で、取付方法も互換性があり、内蔵チャージアンプは標準アンプと同性能です。またこの度据置型で、歩行分析用途向けに9260AA6型と9260AA3型の2機種が新規ラインナップされました。これらはプレートとアンプが一体であり、接続ケーブルは超高絶縁である必要がないので、コストパフォーマンスに大変優れています。しかし内蔵チャージアンプは電子機器なので、寿命がきたらメーカーで交換する必要があります。

>

キスラーアンプ内蔵型フォースプレート計測システム

アンプ内蔵型フォースプレート用の計測システムです。
アンプ内蔵型フォースプレートは、外部からアンプ用の電源を供給する必要があります。このシステムではアンプ内蔵FP用CC付16chAD変換ユニットから電源を供給し、レンジの切り替えとオペレート・リセットは解析プログラムから行います。弊社製のAD変換ユニットと解析プログラムを使用しない場合は、AD変換ユニットの代わりにアンプ内蔵FP用I/Fボックスを使い、それにリモートボックスを接続してアンプを制御することができます。I/FボックスはD-SUB端子でアナログ信号を出力するものです。

>

キスラー歩行分析用床反力計測システム

大きさ

500×600×50mm

重量

約10kg

内容

新しくラインナップされた主に歩行分析用で8chチャージアンプを内蔵した、可搬型フォースプレート計測システムです。
プレートサイズは2種類用意されており、水平方向は2.5KN、垂直方向は5KNまでが計測範囲です。重量約10Kgと軽量であり、しかも設置工事が不要なことから、目的に合わせて簡単に配置を替えたり、外へ持参して他の計測機器と組み合わせたりするのに最適です。

>

キスラーアンプ内蔵型フォースプレート用多ch AD変換セット

アンプ内蔵型フォースプレートには、電源を供給する必要がありますが、アンプ内蔵FP用I/Fボックスをそれに適合させてあります。
現在3-8項に紹介の16ch型の他、多ch用として32ch(同4台)型、80ch(同10台)型が用意されています。このボックスではアナログ信号の受け渡しのみを行い、この後にAD変換ユニットを接続して使用します。下記アンプ内蔵FP用CC付AD変換ユニットはこれらをセットにしたものです。パソコンとUSBライン1本で接続でき、アンプは総て解析プログラム(CSW-52A)で制御します。空いたchには下記8ch入力ボックスで他の信号を入力できます。モーションキャプチャシステム等にはこのI/Fボックスからアナログ信号を渡せます。パソコンに接続していない場合はオプションのリモートボックス(PH-702A型)でアンプを制御します。

>

キスラー短距離走用スタート計測システム

キスラー短距離走用スタート計測システム (Kistler Sprint Analysis System)は、スターティングブロックによる左右脚
それぞれの反力、レーザー速度計による速度とスプリットタイム、ハイスピードカメラによる映像を1つのシステムで
収集・解析することができます。
[スターティングブロック]
・左右脚別々のフォースプレート  ・角度と前後位置の調節も簡単
・COP(圧力中心)測定可能    ・傾斜は 40,45,50,55,60,65,70度
・フットレストを交換可能     ・競技用スターティングブロックに適合したデザイン


[ソフトウェア]
・即時フィードバック       ・バイオメカニクスデータと共に映像も表示
・1つのシステムで完結し操作が簡単 ・試技間比較
・レポート生成          ・データをデータベース管理


[システム構成]
・スターティングブロック  ・ハイスピードカメラ(100fps)
・レーザー速度計      ・データ収録装置
・スタートシステム     ・三脚
・接続ケーブル       ・ソフトウェア