Frame-DIAS+床反力
Frame-DIAS & Floor reaction force
Frame-DIASと床反力計測システムの構成

主な利用分野 スポーツ・バイオメカニクスゲーム分析リハビリ工学

3次元動作解析システム(300コマ)

>

高速GigEカメラ2台、キスラー中型床反力計測システムと3次元セット

下肢の関節トルクを計算するには、カメラに同期してフォースプレートで床反力計測を行う必要があります。キスラー社製フォースプレートでの床反力計測と、高速カメラによる3次元画像解析との同期計測システムをご提供します。
この例ではカラー300コマの同期の取れた2台の高速GigEカメラで3次元撮影を行いながら、カメラと完全同期した16chAD変換器で2台のフォースプレートの床反力データを収集します。
これにより撮影映像と床反力データをパソコンに同時呈示して見ることが出来ます。この後映像をデジタイズして3次元座標を作成すれば、撮影映像と動作解析データ及び床反力データを同時呈示して分析に供することができるようになります。

3次元動作解析システム(500コマ)

>

TS3-S高速カメラ、キスラー中型床反力計測システムと3次元セット

カラ-500コマのTS3-S携帯型高速カメラ2台で3次元撮影を行い、カメラと同期した16chAD変換器で、2台のフォースプレートの床反力データを収集します。
カメラ映像をパソコンに移動すれば、床反力データと映像をパソコンで同時呈示して見ることが出来ます。この後映像をデジタイズして3次元座標を作成することで,撮影映像と動作解析データ及び床反力データを同時呈示して分析に供することが出来るようになります。
価格表・システム構成