E-LINK
E-LINK
20年以上の間、世界中のセラピストが使用

主な利用分野 リハビリトレーニング

E-LINKはコンピュータを利用した、上肢・下肢の訓練及び評価を行う為の包括的な製品群です。
倦怠感を防ぐための強力な動機付けとしてユニークなコンピュータゲームをさせながら、身体各部位に対して、運動・測定と訓練、関節可動域測定、EMGフィードバック、体重負荷訓練が行え、更にデータ文書化、統計処理、上肢下肢損傷評価の自動計算等が行えます。
E-LINKは身体的機能障害のみならず、神経性の認知障害の訓練・評価にも優れたシステムです。それぞれモジュール化されており、それらを組み合わせることにより訓練機器、評価機器、研究ツールを構築できるようになっております。
紹介しているそれぞれのキット・パッケージには他にパソコン1組が必要です。

E-LINKは、20年以上の間、世界中のセラピストに使用されてきました。
その応用範囲は広く、小児科から老年医学まで、またハンドセラピーから脳卒中/神経リハビリテーションにわたります。

>E-LINK を使用した事例の文献

●コンピュータを利用して、握力、ピンチ力、関節可動域、荷重バランスをカバーした上肢および下肢の評価。
●科学的に収集したデータによる経過レポート。
●セラピーの目的に合わせるため、また被験者のやる気を最大限引き出すために、段階的に調節できるアクティビティ。(訓練用ゲーム)

>

応用例

▼ハンドセラピー

▼脳卒中リハビリテーション

E-LINKは、対象範囲の広い総合的なモジュール群です。
各コンポーネントをニーズや予算に合わせて組み合わせることができます。

E-LINK Version 13 の新機能

- New Function -

同時に2台のE-LINKユニットを、1台のPCに接続できるようになりました。
●新規のお客様の場合、柔軟な測定環境を実現します。
●ユーザー様の場合、お持ちのシステムを拡張できます。
●お持ちのシステムを廃れさせずに最新テクノロジーへアップグレード可能になります。
●1995年以降に製造されたE-LINKハードウェアとの互換性があります。

訓練専用のコンポーネント

- Training -

>

E4000 上肢訓練具

上肢(手関節、前腕、肘関節、肩関節)の自動訓練、運動負荷(抵抗)を加えた自動訓練向けにデザインされています。

>詳しく見る
>訓練専用のコンポーネント

>

M600 訓練キット

Myo-EXは訓練とフィードバック向けに表面筋電位計を利用しています。
AngleXはユニークな抗重力自動訓練を提供します。

>詳しく見る
>訓練専用のコンポーネント

評価および訓練用のコンポーネント

- Evaluation & Training -

>

H500 ハンドキット

高精度の機器によりピンチ力および握力を計測します。
評価および経過レポート向け。

>詳しく見る
>評価および訓練用のコンポーネント

>

FP3 フォースプレート

正確でポータブルなシステムにより、同時に2方向への荷重バランス、平衡性、動揺を客観的に計測します。

>詳しく見る
>評価および訓練用のコンポーネント

評価専用のコンポーネント

- Evaluation -

>

R500 ROM(Range of Motion)キット

上肢および下肢のROM(関節可動域)を、精密な電子機器ツールを用いて正確に計測します。評価や経過レポート向け。

>詳しく見る
>評価専用のコンポーネント

>

ESW 上肢評価ソフトウェア

ハンドセラピーや手の外科といった専門領域や、一般的な上肢リハビリテーションで行われる検査について、ドキュメントを作成できます。結果はレポート印刷可能です。

>詳しく見る
>評価専用のコンポーネント

>

ICSW 上肢損傷計算ソフトウェア

機能障害度評定を自動計算し、詳細レポートを作成、印刷できます。

>詳しく見る
>評価専用のコンポーネント

>

LSW 下肢評価・損傷計算ソフトウェア

標準化された下肢計測のテスト結果をドキュメント化します。
機能障害度評定を計算して、詳細レポートを作成、印刷できます。

>詳しく見る
>評価専用のコンポーネント

X4 インターXユニット

- Interface -

X4 インターXユニットは、E-LINKの評価訓練コンポーネントをPCへ接続するためのインターフェースです。
4個までのツールを同時に接続でき、使用中にコンポーネントを簡単に素早く切り替えることができます。インターXユニットとPCとはUSBで接続します。
※本製品は実験研究用機器です。臨床用途にはご利用いただけません。