行動コーディングシステム
Behavior Coding System 2(BECO2)
省力化・自由度・操作性

主な利用分野 発達・保育教育・学習行動観察動物行動ゲーム分析

パソコンで画像を見ながら、またはライブ観察を行いながら、カテゴリ化した行動に対応するキーを押すことで、生起・持続時間を記録していきます。同じシーンの繰り返しやスロー再生などの画像制御をパソコンから行うことができるので、微妙な行動の変化をとらえることもできます。データの修正も容易です。
※英語、中国語環境で動作するバージョンもございます。別途ご相談ください。

新バージョン BECO2の主な機能追加・改良

- Version UP -

■ 映像・音声の分析機能拡大   ■ マウスコーディング機能の追加  ■ 解析項目の追加
■ タイムチャートの操作性の向上 ■ 各種デザイン・操作性の向上   ■ 他製品との連携


★ MP4/MOV形式対応・4動画同時再生など... 詳細はカタログPDFをご参照ください

特長

- Feature -

>

コーディング

●映像機器を操作する手間を省きます
・ソフトから制御しますので、AV機器の操作は不要です。
・観察結果と映像が連動するので、見たい時点の映像をワンクリックで表示。
 同じシーンの繰り返し観察も楽々スピードアップ。

●時間を読み取る手間を省きます

●観察メモを取る手間を省きます
・映像を見ながらキーを入力するだけで時間とカテゴリが記録されます。
 映像から時間を読み取ってメモする必要はありません。

●集計/ 分析の手間を省きます
・記録直後に集計と解析まで完了します。手作業での集計は不要です。

●その他の特徴
・160chのカテゴリを自由に設定できます。
・専用のキー入力ボックスでシンプルな計測。PCのキーボードからの入力も可能。
・データの修正や補間も、映像を見ながら修正を行えます。
・ファイル追加、カテゴリのコピー&ペーストで複数の行動コーディングファイルを統合
 することができます。

>

解析

●解析項目が豊富
・カテゴリ毎の生起回数・生起時間を集計
・複数のカテゴリが同時生起した回数、時間を集計
・特定の順序で起こった行動(事象連鎖)を抽出して集計
・観察者間の一致率(カッパー係数)を算出
・一定時間間隔で区切った集計も可能

●解析結果を個別ウィンドウに表示。コピー・ペーストも可能

●グラフを「数値」,「棒グラフ」,「帯グラフ」で表示

●「タイムテーブル」画面で、行動の発生/終了をリストアップ。選択した行動の映像を再生

>

2次元軌跡(デジタイズプログラム) ・ 行動分析パッケージ

2次元軌跡算出部(弊社製デジタイズプログラム Frame-DIAS)と、行動分析部(行動コーディングシステム)で構成されます。

●Frame-DIASで映像から画像解析により、位置データを算出。BECO2で行動・作業・
 動作などをカテゴリ化して時系列で記録

●Frame-DIASで作成した位置データを読み込むことで、行動と場所に基づく分析が可能

●算出項目
 軌跡表示、平均速度、エリア分析(エリアごとの滞在時間(行動持続時間)、行動頻度)、
 相対位置分析(行動発生時の相距離、近接時間)

●スポーツの場面においては、技や動作の種類、攻撃のパターンなどを時系列で記録し、
 ゲーム分析に活用可能