EMG 表面筋電位
EMG
電極一体型アンプ内蔵表面筋電図計測用センサ

主な利用分野 スポーツ・バイオメカニクスリハビリ工学

英国Biometrics(バイオメトリクス)社開発の、電極とアンプが一体化されたEMG検出センサです。
入力インピーダンスが極めて高く、通常は電極のりを身体に塗布せずに使用できるのが特長です。小型で24g(ワイヤ・プラグ含む)と軽量、しかも電気的特長も秀逸で、皮膚への貼り付けには専用の両面接着テープが用意され、グランドは使用センサ数に関係なくリストバンド型1本が用意されています。

仕様

- Specification -

>

EMGアンプ(SX230-1000型)の電気的仕様

電極・材質:乾燥再利用型・ステンレス
ゲイン:1000倍(60dB)
帯域幅:5Hz~480Hz
ノイズ:<5μV
入力インピーダンス:10TΩ
供給電源:+3.5 to +5.5Vdc
CMRR@60Hz(dB):>96dB(typically 110dB)
重量:5g(excluding cable & plug)
ケーブル長:1.25m

>

電極分離型EMGアンプ(SX230FW型)の電気的仕様

電極:4mmスナップコネクタ×2、100mmワイヤ
ゲイン:1000倍(60dB)
帯域幅:5Hz~480Hz
ノイズ:<5μV
入力インピーダンス:10TΩ
供給電源:+3.5 to +5.5Vdc
CMRR@60Hz(dB):>96dB(typically 110dB)
重量:12g(excluding cable & plug)

システムラインナップ

- Lineup -

>

EMGアンプ用アイソレータ

EMGアンプSX230-1000型専用のアイソレータ(電気的絶縁装置)です。
EMGアンプを、測定機器等の外部機器やAC100V電源から電気的に絶縁することにより、被験者を保護します。それぞれ単体で購入することができます。
またEMGアンプには電極を外に引き出した電極分離型タイプ(SX230FW型)もあり、専用ディスポ電極(SEN3001型、22×28mm)も用意されています。

>

ワイヤレスEMGセット

バイオメトリクス社EMGの無線計測が可能なシステムです。
ロガー機能を備えた送信機を身体に取り付けて計測を行ないます。小型・軽量なので身体の動きを妨げることがありません。見通し距離で約100 メートルの通信を実現します。専用プログラムによるモニタリング・ロガーファイルのロードの他、弊社製データ取込み・解析プログラムTRIAS(トライアス)で取り込みと解析を行なうことも可能です。
送信機の連続計測時間は1時間です。

>

ノート型EMG測定システム

EMGの計測や解析に対応しているAD変換システムです。
このシステムとノート型パソコンを組み合わせると、ポータビリティに優れたEMG計測・解析システムを構築できます。
また、データ解析プログラムはゴニオメータの解析にも対応しております。
EMGとゴニオメータの同時計測や解析にも是非ご利用ください。

>

トライアスシステム 筋電解析機能

EMGを解析する為の必須項目(全波整流・平滑化・%MVC変換・iEMG・mEMG・RMS等)を計測後、わかりやすい操作ですぐに表示することができます。
EMGアンプSX230-1000型とEMGアイソレータの組合わせに最適化されていますが、他社の筋電データ(テキストファイル)を読み込んで解析することもできます。
また、映像と波形の同期表示をすることも可能です。

■解析項目
基線ノイズ除去   全波整流   平滑化
%MVC変換     区間平均   iEMG、mEMG、RMS
FFT(周波数特性・平均パワー周波数・中央パワー周波数)

>TRIAS

>

3DCG機能解剖学ソフトウェア(解体演書-上肢/下肢の構造と運動)

人体の上肢及び下肢骨格とそれに付着する筋を、解剖学的に精緻なCGで再現させて見ることができる、教育・自習用ソフトウェアです。3次元で筋の付着位置やその形状を正確かつ詳細に表現し、しかも動きますので見たいアングルにして立体的に理解することができます。骨と筋の名称は英語名と発音音声ファイルが付いています。今まで機能解剖学書の図解だけでは分かりにくかったものが見て学べますので、人の動きを理解したい総ての分野の方に最適です。
スタンダード版は起動時に製品のCDが必要です。プロライセンス版では画像・ムービーを外部出力して二次利用することができます。

表情筋から足の筋まで、全身の筋を精緻なCG画像と動画で立体的に見て学習するソフト。
描画ツール付。画像出力も可能でプレゼンや資料作成にも最適。