E-LINK(システムパッケージ)
E-LINK System Package
様々な利用場面や予算に合わせた構成が可能

主な利用分野 リハビリトレーニング
E-LINKシステムは、各コンポーネントを組み合わせて、様々な利用場面や予算に合わせた構成のパッケージになっています。
E-LINKシステムパッケージは、それぞれのコンポーネントを別々に購入するよりも、割安な価格になっています。

EP10 評価・訓練パッケージ

- EP10 -

主に手指、小児科学、やけど、医用材料、教育施設、および一般的なリハビリテーションで使用されます。

[ 出来ること ]

●一側および両側での、複数方向への荷重分布、安定性、荷重バランス動揺の評価と訓練
●上肢および下肢の訓練
●背部および頚部の訓練
●上肢および下肢の評価
●上肢および下肢の機能障害評定を算出
●総合的な結果文書と経過レポート

[ システム構成 ]

●X4 - インターXユニット
●E4000 - 上肢訓練具
●M600 - Myo-EX(EMGによる全身の訓練)とAngleX(全身の抗重力自動訓練)
●H500 - 握力、ピンチ力の評価と訓練
●DFP4 - フォースプレート4台、U800接続ケーブル、ベースフレーム、ケーブル2本(X4にフォースプレート1~2台つなぐ場合)
●R500 - 上肢、下肢の関節可動域
●ESW - 上肢評価ソフトウェア
●ICSW - 上肢損傷計算ソフトウェア
●LSW - 下肢評価・損傷計算ソフトウェア

EP11 上肢評価・訓練パッケージ

- EP11 -

主に脳卒中関連部門や神経リハビリテーションで使用されます。

[ 出来ること ]

●一側および両側での、単一方向への荷重分布、安定性、荷重バランス動揺の評価と訓練
●手指、上肢、下肢の訓練
●背部および頚部の訓練
●結果文書と経過レポート

[ システム構成 ]

●X4 - インターXユニット
●E4000 - 上肢訓練具
●M600 - Myo-EX(EMGによる全身の訓練)とAngleX(全身の抗重力自動訓練)
●H500 - 握力、ピンチ力の評価と訓練
●DFP2 - フォースプレート2台、ベースフレーム、ケーブル2本(X4にフォースプレート1~2台つなぐ場合)
●ソフトウェア - 含まれるコンポーネント向けの訓練ソフトウェア、握力ピンチ力評価、フォースプレート評価(1軸)

EP14 訓練パッケージ

- EP14 -

EP12システムの全てのコンポーネントに加え、さらにフォースプレートPF3を2台と、U800接続ケーブル1本を追加して、バランス評価訓練を1方向から2方向へ拡張します。

EP40 2軸フォースプレート評価・訓練パッケージ

- EP40 -

主に理学療法士などにより、脳卒中、義肢装具、スポーツ障害リハビリテーションでの評価および訓練に使用されます。

[ 出来ること ]

●一側および両側での、複数方向への荷重分布、安定性、荷重バランス動揺の評価と訓練
●上肢および下肢の訓練
●立位および座位でのバランス
●総合的な結果文書と経過レポート

[ システム構成 ]

●X4 - インターXユニット
●DFP4 - フォースプレート4台、U800接続ケーブル、ベースフレーム、ケーブル2本(X4にフォースプレート1~2台つなぐ場合)
●ソフトウェア - フォースプレート評価訓練
本製品は実験研究用機器です。臨床用途にはご利用いただけません。