E-LINK 上肢訓練具
E-LINK E4000
整形外科や神経科など幅広い被験者へ

主な利用分野 リハビリトレーニング
E-LINK上肢訓練具は、手関節、前腕、肘関節、肩関節の自動および抵抗自動上肢訓練用にデザインされています。
汎用性のあるパラメータにより、整形外科や神経科など幅広い被験者へのリハビリテーションに利用できます。

【E4000 のセット内容】

・レジスタンスコントロールユニット
・接続ケーブル(X4 InterXユニットと接続するため)
・キーツール 2個
・シリンダーツール 2個
・ディスクツール 4個
・スペード(スコップ)ツール 1個
・レバーアームツール 1個
・グリップ(スペードツールとレバーアームツール用) 3個(大中小)
・ツール保護ツール
・E4000 セットアップ&訓練用ソフトウェア


多様なツールにより、以下の動作を行えます。

●手関節: 掌屈/背屈、橈屈/尺屈
●前腕 : 回内/回外
●肘関節: 伸展/屈曲
●肩関節: 伸展/屈曲、外転/内転、外旋/内旋

訓練で用いる関節可動域は、可動域の小さな被験者では2度から、全可動域まで設定できます。
負荷抵抗の大きさは、訓練を始めたばかりの被験者では小さくしておき、リハビリテーションを経て改善するにつれて大きくするなど、調節することができます。

※E4000を使用するには、コンピュータに接続するためのX4 インターXユニットが必要です。

※本製品は実験研究用機器です。臨床用途にはご利用いただけません。

使用例

- Example -

キー ■握り方:Key
■握り方:Three Jaw
■握り方:Tip to Tip
シリンダー
ディスク
レバーアーム ■肩の外転
■肩の内外旋
■肘の屈曲
スペード
(グリップ)

アクティビティモジュールは、被験者の経過に合わせてスピードや難易度を段階的に変えることができます。アクティビティモジュールはインタラクティブに作られているので、被験者にフィードバックとやる気を与え、訓練の繰り返しにも退屈な思いをさせません。