E-LINK ソフトウェア
E-LINK Software
データ収集・レポート作成のスピードと正確性を向上

主な利用分野 リハビリトレーニング

>

ESW 上肢評価ソフトウェア

わかりやすいソフトウェアで、上肢のテスト結果と手入力したデータを文書化します。

>

ICSW 上肢損傷計算ソフトウェア

主にAMA (American Medical Association) の機能障害度評定の算出に用いられる検査やテストを文書化します。

>

LSW 下肢評価・損傷計算ソフトウェア

わかりやすいソフトウェアで、手入力した下肢のテスト結果とデータを文書化し、機能障害度評定を算出します。

ESW 上肢評価ソフトウェア

- ESW -

Biometrics社製評価ソフトウェアモジュールにより、簡単で手早いデータ入力で、標準化されたレポートを作成できます。
データ収集、文書化、レポート作成のスピードと正確性を向上します。

●テスト順序 – ユーザーがテストプロトコルを設定できます
●切断 – グラフィカルな文書作成
●補綴/美容 – 身体的外見、グラフィカルな文書作成
●知覚テスト – Semmes Weinstein 圧触覚閾値および2点識別域(2 Point Discrimination)、グラフィカルな文書作成
●計測したアウトカムを文書化
●ADLインデックス
●痛覚
●上肢の徒手筋力テスト
●浮腫 - 周径と体積
●誘発テスト
●巧緻性テスト
●その他のテスト

切断
脳卒中の被験者に有用なADLインデックス
浮腫

ICSW 上肢損傷計算ソフトウェア

- ICSW -

上肢の機能障害度評定を算出するには、このソフトウェアとH500ハンドキット、R500 ROMキット、ESW 上肢評価ソフトウェアを一緒に用います。機能障害度を自動計算するので、手計算に比べ時間の大幅な節約になるうえ、計算ミスも防ぎます。

AMA(American Medical Association)による「Guides to the Evaluation of Permanent Impairment(rev 4th and 5th editions)」に基いて、上肢の機能障害度を算出します。

●末梢神経障害(感覚および運動)
●血管疾患
●その他の骨関節障害(手、腕)
●上肢の機能障害度を算出
●レポート作成

わかりやすい機能障害度レポートは、サマリーに加え、サマリーを算出する基になった詳細の図表やテキストも含まれています。AMAによるガイドラインの表や参照ページは、詳細レポートに含まれています。

機能障害度算出に必要なテスト
簡単で素早いグラフィカルな文書作成
詳細レポート

LSW 下肢評価・損傷計算ソフトウェア

- LSW -

Biometrics社製評価・損傷計算ソフトウェアモジュールにより、簡単で手早いデータ入力で、標準化されたレポートを作成できます。データ収集、文書化、レポート作成のスピードと正確性を向上します。わかりやすい機能障害度レポートは、サマリーに加え、サマリーを算出する基になった詳細の図表やテキストも含まれています。AMAによるガイドラインの表や参照ページは、詳細レポートに含まれています。

●テスト順序 – ユーザーがテストプロトコルを設定できます
●切断 – グラフィカルな文書作成
●浮腫 - 周径と体積
●計測したアウトカムを文書化
●ADLインデックス
●痛覚
●その他のテスト
●下肢の徒手筋力テスト
●関節形成
●関節不安定症
●滑膜肥厚
●亜脱臼、脱臼
●捻髪音(関節摩擦音)
●筋萎縮
●関節炎
●脚長差
●皮膚欠損
●骨髄炎
●歩行障害
●神経損傷後灼熱痛
●CRPS(複合性局所疼痛症候群)
●血管疾患
●診断に基く機能障害度推定
●下肢の機能障害度を算出



AMA による「Guides to the Evaluation of Permanent Impairment(rev 4th and 5th editions)」に基いてデータ収集すると、下肢の機能障害度を自動算出します。下肢機能障害度評定を正しく算出するために、R500 ROMキットを接続して使用します。

機能障害度算出に必要なテスト
簡単で素早いグラフィカルな文書作成
詳細レポート