パソコンに関する FAQ

+

Windows XP環境でのサポート対応終了のお知らせ

クリックすると展開します

既にMicrosoft社 Windows XPのサポートと更新プログラムの提供が終了しており、弊社におきましても

2016年8月31日(水)をもちまして、Windows XP環境でのサポート対応を終了させて頂きます。
Windows XPで弊社製品をお使いのお客様は、新しいOSへのバージョンアップをお願い致します。

サポート終了後もWindowsXP上で製品は動作いたしますが、インストールおよび動作につきましてはサポート対象外となります。 ご質問をいただきましても、ご回答致しかねますことをご了承くださいますようお願い申し上げます。


+

お使いいただけるパソコンについて

クリックすると展開します

弊社取扱システムの多くは、パソコンはオプション(別売)となっております。

下記記載の弊社推奨機種のほか、お客さまご自身でご用意いただくことも、既にお持ちのパソコンをご利用いただくことも可能ですが、すべての環境で動作することを保証するものではありません。
パソコンのスペックや相性によっては正常に動作しないケースもあり、状況によりパソコンをお預かりさせていただく場合があることをご了承ください。

そのようなトラブルを防止するため、弊社製ソフトウェア用のパソコンをご検討中の方は、弊社からのご購入をお勧め致します。仕様や価格のご相談にも対応しております。
納品時には、弊社でソフトウェアのセットアップと動作確認を行ってから納品致します。

推奨機種・スペック

弊社からご購入いただく際は、原則として、弊社で推奨する機種・スペックにてお見積いたします。
通常はトラブルを防ぐために、実績のある以下の機種をおすすめしております。
■デル株式会社製 デスクトップ(ワークステーション等)
■デル株式会社製 ノートパソコン(ワークステーション、Latitudeシリーズ等)
※スペックはシステムにより異なることがあります。
※一部の製品では、64ビット版OSでの動作を保証しておりません。(対応していない場合には、OSは32ビット版をお選び下さい)
>>対応状況はこちらからご確認下さい。

メモリ容量

4GBを超えるメモリを搭載するにはOSを64ビット版にする必要がありますが、弊社取扱製品の一部は64ビット版OSでの動作を保証しておりません。64ビット版OSに未対応の製品をご使用になる場合には、搭載するメモリ容量を4GB以内にしてください。

WindowsVISTAではメモリ容量を1GB以上搭載して下さい

WindowsVISTAではWindows自体がメモリを多く消費します。512MBではメモリが不足して他のアプリケーションのインストールや動作に支障をきたすことがあります。このような環境での動作は保証致しかねます。

映像を用いる際はグラフィック専用メモリを搭載したパソコンをご利用ください

映像を用いるアプリケーションをご使用の場合には、グラフィック専用メモリを搭載したパソコンをご利用ください。グラフィック処理にメインメモリを使用するグラフィック統合チップセットでは処理能力が劣るため、表示や動作が正常に行われないことや、動作が著しく遅くなることがあります。

+

Windows10への対応状況

クリックすると展開します

対応OS一覧

製品名対応OS備考
フレームディアス V
(Frame-DIAS V)【Ver.2.10以降】
Windows10
64ビット
トライアス(TRIAS)
メディアブレンド【Ver2.20以降】
マルチパス II

※ 「映像刺激」は、Windows7 64ビットまでの対応。Windows10へは今後対応予定です。

マルチジャンプテスタⅡ
エクスジャンパー
iPlate
高速GigEカメラ Ecam
RacePace
マルチタイムカウンタ
アシスト
ユニモア(UNIMoA)
行動コーディングシステム※1Windows8.1
64ビット

※1 DVDの映像をソフトウェアで使用する際は、映像を変換していただくか、「Windows 8 Media Center Pack」をご購入いただく必要がございます。
※旧バージョンでは未対応の場合があります。
※PCカード等、一部のハードウェアには未対応のものがあります。

マルチジャンプテスタ
高速1394カメラ Bcam
フレームディアス IV
(Frame-DIAS IV)
Windows8
64ビット
ワイズ(W-EYES)Windows7
32ビット

※旧バージョンでは未対応の場合があります。
※PCカード等、一部のハードウェアには未対応のものがあります。

デュアルストリーム
ゲームカウンタ
ブルージーノート(Blue-G-Note)
上記、対応OS一覧に載っていない製品は、
Windows7以降のOSでの動作は保証しておりません。
パソコンをお求めの際にはご注意ください。

+

ソフトウェアの対応OS

クリックすると展開します

こちらをご確認下さい。

+

USB3.0ポートでのプロテクトキー使用について

クリックすると展開します

弊社ではデル株式会社製のPCを推奨しております。

しかし、デル株式会社製PCまたは他メーカー製PCでも、一部機種のUSB3.0のUSBポートでは、弊社製ソフトウェア付属のプロテクトキーが認識されない場合がございます。

お使いのPCに、USB2.0のUSBポートが搭載されている場合は、そちらのポートでプロテクトキーをご使用いただけますようお願い申し上げます。

プロテクトキーが認識されない場合や、ご不明点等がございましたら、大変お手数をお掛け致しますが弊社までご連絡いただけますようお願い申し上げます。

【お問合せ先はこちら

プロテクトキーが使用可能なUSB3.0搭載のパソコン

ノートパソコンデスクトップパソコン
Dell Vostro シリーズ
(2521/3560)
Dell Vostro シリーズ
(470)
Dell Latitude シリーズ
(E6530/E6540/E6430/E6440/E5540/3540)
Dell Optiplex シリーズ
(9020MT)
Dell Precisionシリーズ
(M6700/M4700/M4800)
Dell Presicion シリーズ
(T3600/T3610)
以下、DELL製USB3.0搭載のパソコン(DELL製)でプロテクトキーが認識できなかった機種です。

・Dell Vostro 3750
・Dell XPS 15
・Dell XPS L412z

※同じ機種名であっても、発売時期等の違いによっては、プロテクトキーが使用可能な場合や認識できない場合がございます。

※他メーカー製PCにつきましては、機種名等の確認ができておりません。

+

Windows8以降のPCでセットアップを行う際「.NetFramework2.0不足」のエラーが表示される

クリックすると展開します

こちらの手順書に沿って、インストールを行ってください。

手順書記載の「dotnetfx35.exe」ファイルが見つからない方は、こちらからダウンロードを行ってください。

+

Windows8以降のPCで、ダウンロードしたソフトをインストールする際の注意点

クリックすると展開します

こちらをご参照ください。

+

Frame-DIAS Ⅴ・MediaBlend の対応動画ファイル(.mp4/.mov)について

クリックすると展開します

以下のカメラで撮影された「.mp4」「.mov」ファイルは動作確認済みです。
それ以外のカメラで撮影されたファイルにつきましては随時、動作確認予定です。

カメラや撮影モードによって2コマ目から再生されることがあります。

メーカー型番
CASIOEX-F1 *1
EX-ZR1100
EX-100PRO
JVCGC-PX1
GC-P100
SONYHDR-PJ800
PanasonicHC-V550M
DMC-FZ200
ロジカルプロダクトスポーツコーチングカム
*1.FullHDモードで撮影すると60fields/sで撮影されているのですが、ヘッダ情報に60fpsと記録されているため、カメラスピード60[frame/sec]、デジタイズ周波数30[Hz/sec]と設定する必要があります

Frame-DIAS Vに関する FAQ

+

インストール、起動

クリックすると展開します

+

撮影、映像

クリックすると展開します

+

キャリブレーション

クリックすると展開します

+

デジタイズ

クリックすると展開します

+

2D/3D座標

クリックすると展開します

+

スティックピクチャ

クリックすると展開します

+

解析一般

クリックすると展開します

+

床反力

クリックすると展開します

+

ファイル

クリックすると展開します

Frame-DIAS IV以前に関する FAQ

※バージョンを確認する方法はこちらです

+

全てのバージョンに共通のご質問

クリックすると展開します

Q1. CODEC(コーデック)とは

Q2. フレームとフィールド

Q3. プログレッシブ

Q4. VFW とDirectX

Q5. AVIファイルと他の動画ファイル形式

+

Frame-DIAS IV

クリックすると展開します

Q1. 取扱説明書を画面に表示させるには

Q2. トラブルシューティングを参照する

・起動時に「プロテクトキーが必要です」と表示された
・プロテクトキートラブル時のドライバの再インストール
・画面をクリックしてもデジタイズ入力できない
・スペースキーを押しても自動デジタイズを開始できない
・波形グラフを表示できない
・データを選択してもプロパティ画面が表示されない
・スライドショットを起動できない
・イベントショットを表示できない
・ScenepleでDVキャプチャした映像がVFWモードで開けない
・AVIファイルを表示できない

Q3. ムービーファイルのプロパティを表示して再生モードを切替える手順

Q4. 重心や関節トルクが計算されない

+

Frame-DIAS II V3

クリックすると展開します

Q1. Hand Bookを画面に表示させるには

Q2. 起動できない

Q3. AVIファイルが開けない

Q4. 重心や関節トルクが計算されない

※Panasonic製ビデオデッキ(AG-73xx/AG-57xxシリーズ)を制御したメモリ録画をご利用の場合にはこちらをご覧ください。

+

Frame-DIAS II Ver2.85 以前

クリックすると展開します

Q1. 起動できない

Q2. AVIファイルが開けない

Q3. 重心や関節トルクが計算されない

※Panasonic製ビデオデッキ(AG-73xx/AG-57xxシリーズ)を制御したメモリ録画をご利用の場合にはこちらをご覧ください。

TRIASに関する FAQ

+

TRIAS

クリックすると展開します

Q1. DAQmx ERROR

Q2. DAQCard ERROR

Q3. DIOボード異常

Q4. データロストが発生しました

Q5. AD Open ERROR

Q6. 現在のハードウェアの設定が異なります

Q7. Windowsのエラーが表示されプログラムを起動できない

Q8. 起動時に「プロテクトキーが必要です」と表示された

Q9. プロテクトキーのトラブル時におけるドライバの再インストール

MediaBlendに関する FAQ

+

MediaBlend

クリックすると展開します

Q1. 起動時に「プロテクトキーが必要です」と表示された

Q2. プロテクトキーのトラブル時におけるドライバの再インストール

Q3. サンプルAVI がVFW モードで開けない

Q4. パソコンの処理速度が異常に遅くなった

Q5. MediaBlend でDV キャプチャした映像がVFW モードで開けない

Q6. スライドショットが起動できない

Q7. MediaBlend ファイルを開いたときに画像がグレー表示になる

Q8. 滑らかに再生できない