呼気ガス分析装置
VO2max / RMR
ミキシングチャンバー方式を採用

主な利用分野 トレーニングコーチングリハビリ保健体育の授業スポーツ工学比較分析行動観察

>

呼気ガス分析装置 CardioCoach

米国KORR Medical Technologes 社の呼吸代謝測定装置です。呼吸代謝測定のゴールドスタンダードである、ミキシングチャンバー方式を採用しています。
KORR's ミキシングチャンバーは、全呼気を撹拌して呼気濃度を計測する古典的な手法に加え、O2,CO2 と換気量計測ができ、安静時代謝率(RMR) から最大運動時代謝量(VO2max) の測定まで、一回換気量の増減や呼吸頻度に影響されず安定した測定が行えます。

【簡便な操作性と高い再現性】
・ガス分析器は、標準ガスを使わないで自動校正が行えます。
・換気量センサは、古典的なニューモタコ( 差圧) 式で校正が不要です。
・温度計、気圧計を内蔵して、測定値を補正しています。
・付属計測ソフト付きで、トレッドミルや自転車エルゴメータ、非観血血圧計の操作も付属計測ソフトで連動します。

>

呼気ガス分析装置 MetaCheck

米国KORR Medical Technologes 社の呼吸代謝測定装置です。呼吸代謝測定のゴールドスタンダードである、ミキシングチャンバー方式を採用しています。
KORR's ミキシングチャンバーは、全呼気を撹拌して呼気濃度を計測する古典的な手法に加え、O2(CO2 は計測できません) と 換気量計測ができ、一回換気量の増減や呼吸の頻度に影響されない再現性の高い安静時代謝率(RMR) の測定が行えます。

【簡便な操作性と高い再現性】
・ガス分析器は、標準ガスを使わないで自動校正が行えます。
・換気量センサは、古典的なニューモタコ( 差圧) 式で校正が不要です。
・温度計、気圧計を内蔵して、測定値を補正しています。


CardioCoachとMetaCheckの仕様比較

 Cardiocoach MC-1200Metacheck MC-1100
分析方式KORR's ミキシングチャンバー方式KORR's ミキシングチャンバー方式
フローセンサ測定方式:ニューモタコ( 差圧) 式測定方式:ニューモタコ( 差圧) 式
測定範囲:-40 ~ 500L/min測定範囲:-40 ~ 150L/min
測定精度:± 3%以内測定精度:± 2%以内
一回換気量:200 ~ 3000ml一回換気量:200 ~ 3000ml
呼吸回数:5 ~ 40/min呼吸回数:5 ~ 40/min
酸素分析計測定方式:ガルバ二電池測定方式:ガルバ二電池
測定範囲:0 ~ 30%測定範囲:0 ~ 30%
測定精度:± 0.2%以内測定精度:± 0.01%以内
炭酸ガス分析計測定方式:非分散赤外線吸収
測定範囲:0 ~ 10%
測定精度:± 0.16%以内
計測間隔15s
心拍数0 ~ 225/min
使用環境範囲( 本体)温度:15 ~ 30℃温度:20 ~ 60℃
湿度:10 ~ 88% ( 露滴しないこと)湿度:10 ~ 95% ( 露滴しないこと)
気圧:399 ~ 799mmHg(53kPa ~ 107kPa)気圧:375 ~ 780mmHg
電源AC100V/DC12 V (1.5A)AC100V/DC12 V (1.5A)
寸法・質量W380 × D380 × H100mm、3.5kgW300 × D200 × H100mm、2.6kg